白藤酒造の歴史(あゆみ)

1722年廻船問屋として創業、質屋を経て、江戸時代の末期から酒造りを始めました。

廻船問屋時代の屋号「白壁屋」より白を、重陽の節句にある「菊酒」より菊をいただき『白菊』と命名、
現在は全国の「白菊」と区別するため『奥能登の白菊』という商標になっております。

平成8年より八代目蔵元が杜氏として酒を造っていますが、平成18年より九代目喜一が杜氏として本格的に酒つくりを始め白菊に新たな息吹を吹き込もうと張り切っています。

「人と人とを繋ぐ酒を創りたい」

これが九代目喜一の目指す日本酒への想いです。
人と人の間に立って交流の潤滑剤でありたいと。
笑顔と笑顔を繋ぐ酒でありたいと。